かわいいアレンジ方法を知りたい

>

カゴに消臭剤を入れよう

取手が付いているカゴ

小さいサイズのカゴを用意して、消臭剤のフタやラベルを外してください。
しかしあまりにも小さいサイズだと消臭剤を入れられないので、適切なサイズを購入しましょう。
大きいサイズのカゴだと、邪魔になったり存在感を出しすぎたりするデメリットがあるのでおすすめできません。
お店に行くと、様々なサイズのカゴが売られているので迷う人も見られます。

事前に、自宅で使っている消臭剤のサイズを計測しましょう。
すると、ピッタリのサイズのカゴを買えます。
後は消臭剤をカゴに入れて、壁に吊るせば完成です。
どこかに置かなくても良いので、棚にスペースがない家庭にもおすすめの方法ですね。
カゴに造花などを飾ると、もっとオシャレに見せられます。

取り付ける位置を考えよう

せっかくカゴを用意しても、目線と同じかそれよりも低い位置に吊るすと中身が見えます。
それではオシャレに見えないので、目線よりも高い位置に吊るすことを心がけてください。
来客があった時にも、中身を見られない工夫を施しましょう。
ただの壁に吊るす場合は、フックなどを使う必要があります。

所有している建物だったら何をしても良いですが、賃貸では壁に穴を開ける行為が禁止されているかもしれません。
自分が暮らしているところのルールも確認してから、可能なアレンジ方法を選んでください。
ですが今は壁に穴を開けなくても、フックを取り付けられる道具が発売されています。
トラブルを回避したい人は、そのような道具を積極的に使ってください。


TOPへ戻る