免許の種類をまずは知ろう

ここでは免許を取るための準備段階についてご説明をいたします。 免許を取るためには教習所に入らなければ始まりません。今では教習所はたくさん存在します。どの教習所が良いのか悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。ここでは教習所の選び方や教習所と合宿免許の違いについてもご紹介いたします。

教習所の試験について

教習所で受けなければならない試験についてここではご説明をいたします。 教習所では修了検定試験と卒業検定試験の2種類の試験が存在いたします。これらの試験のどちらにも合格しなければ教習所を卒業することはできません。どのような試験内容なのかここでは解説いたします。

いよいよ免許センター

ここでは教習所を卒業した後の動きについてご説明をいたします。 教習所を卒業されますといよいよ免許センターに行きましょう。免許センターでの流れや免許センターに持って行かなければならない持ち物について解説いたします。忘れてしまった場合、試験を受けられない場合もあるため注意しましょう。

教習所に入ろう

多くの人が乗っている車。車に乗るためには免許証が必要になります。免許証を取得するための流れについてご説明をいたします。
まずは免許証の種類についてご説明をいたします。運転免許にはさまざまな種類があります。それぞれの免許証の特徴を理解するようにいたしましょう。

免許証はまず大きく第一種免許証と第二種免許証、仮免許証の3区分に分けられます。
ではこの大きく3つの区分に分けられる免許をさらに詳しく解説していきます。
第一種免許証とは道を走るために必要な免許となります。第一種免許の中でもさらに細かく種類が分かれており、普通免許(AT限定もしくはMT)、準中型免許、中型免許、大型免許、大型特殊免許、牽引免許、普通二輪免許、大型二輪免許、原付免許、小型特殊免許が存在いたします。これらの免許は乗り物の種類や大きさによって免許が異なってまいります。

道を走るためには第一種免許が必要になります。第一種免許を取得後、タクシーやバスなどの旅客運送を目的とする乗り物に乗る場合には第一種免許に加え第二種免許が必要になってまいります。第二種免許には普通第二種免許、大型第二種免許、中型第二種免許、大型特殊第二種免許、牽引第二種免許の種類が存在いたします。これも乗り物の種類や大きさによって免許が異なってまいります。

続いて仮免許とは第一種免許、第二種免許を取得するにあたって路上教習を行うための免許となります。教習所の場内教習を終えて試験を受け、合格した者のみこの仮免許を取得することができます。